ニートは意外と楽じゃないという話

ニートは意外と楽じゃないという話

職場でいじめにあってから働くのが怖くなって二年間ニート生活をしていました。

 

母親からは毎日のように仕事しなさいと言われるし、たまに会う妹からはなんでいるの?と聞かれるし、父親にはたびたび部屋から呼び出されてお前はいったいなにがしたいんだと言われていましたね。

 

そんな環境だったので仕事を辞めたばかりの頃はすごく楽でいい生活だと思っていましたが、三ヶ月経過した時点で時々たまらなく不安になりました。

 

このままなにもできずに親が死んだらどうしようと考えていましたね。悲しいし、自分が生活できなくなってしまうので想像するだけで怖かったです。
けれど親からだけでなく親戚まで家に来てプレッシャーを与えてきたので逃げるように就職活動を始めました。

 

あれ?なんでいるの?仕事は?とわざとらしく聞かれるんです。親戚にも、親の友人にも言われましたね。親が本気で追い出そうとしているのが伝わりましたよ。

 

幸いなことに小さいけれどアットホームな会社で雇ってもらえました。仕事で辛いこともありましたが、思い返すとニート時代の方が辛かったので耐えていけました。

 

ニートになる前はニートって楽でいいよなと思っていたんですが、実際は将来への不安や恐怖と戦わなくてはいけない日々でしたよ。
ニートをしている時よりもまだいい会社で仕事をしていた方が気持ちが楽でしたね。

 

参照:フリーター就職活動ガイド!20代ニートが正社員になる方法とは??