クラウドソーシングのおかげで独立することができた話

クラウドソーシングのおかげで独立することができた話

私がフリーターをしていた時代は正社員よりも給料も待遇も良かった時代で、正社員よりもフリーターを選択する人が多くいました。

 

実際にも正社員で働いていた時は責任も負わされて長時間労働も当たり前のようにあり、かつ給料も安月給だったので「割に合わない」という感覚がありました。

 

実際にも正社員の時よりも給料が良かった時期もありました。

 

しかし、年齢を重ねることにより仕事の量が減ってきていていたと同時に仕事の関係で法律に関係する仕事をしていた時に「そういえば法律関係の資格って独立開業ができるなぁ。」ということを思い浮かべて、

 

資格を取って独立をしようと考えフリータであることをいいことに勉強時間を確保して資格習得をするべく勉強をしていました。

 

法律職に関わる試験は結構難しくてなかなか合格することができずにいました。

 

そうしているうちに仕事の量もだんだんと少なくなって生活するにも苦しい状況になってしまい、リーマンショックの時には全くといっていいほど仕事がありませんでした。

 

何とかして資格習得して独立したいという思いで勉強は続けていたのですが、生活が苦しいことを理由にいったん中断して生活を立て直すことをしました。

 

そんな中、クラウドソーシングという働き方をテレビで紹介しているのを見て早速登録をして仕事をしたところ、それがきっかけでフリーランスとして独立するということができるようになりました。

 

独立という夢が別の形でかなえたということになります。

 

今ではまた新たに法律系の資格の勉強を再開しています。